介護の仕事についての職場による業務の違いなどをくわしく説明しています。

ココに注目!転職の注意点


介護職について

現在日本において求人数の多さでも有名になっているのが介護系の求人だといわれています。
一口に介護系の求人といってもさまざまな種類があります。
まずあげられるのが特別養護老人施設ですが、ここの施設では認知症の高齢者を含めて、寝たきりの高齢者のケアなどが必要になってきますので、業務としては比較的ハードになるといわれています。
この特別養護老人ホームと似たようで違いがあるのが老人保健施設といわれるもので、これは病院と特別養護老人ホームの中間的な施設だといわれています。
しかし基本的な業務としては特別養護老人ホームとほぼおなじものだと考えて良いかもしれません。
さらに通所といわれているデイサービス施設での求人というものもあります。
現在自立されている高齢者が通うというものですので、身体的なケアはあまり多くありません。
さらにケアスタッフが個人宅に行くというのがホームヘルパーになるのですが、この場合には日常生活援助というものも業務に含まれるのが特徴になっています。
ちなみにどのような介護の仕事にしても、介護業務に携わるという場合には、最低でもホームヘルパー2級の資格が必要になってきますので、介護系求人を探しているのであればまずその資格を習得できるようにしましょう。
最近では地方自治体などでも無料の講習会などを開催している場合が多くなっていますので、資格取得のためにそのような機会を利用するというのもひとつの方法になります。

優良情報を探しているなら

Copyright (C)2018ココに注目!転職の注意点.All rights reserved.